ワンピース1107話ネタバレ予想: ニカは「古代ロボット」とクマの眠っていた力を解き放つことができるのか?

ワンピース1107話ネタバレ憶測:ニカは「古代ロボット」とクマの力を解き放つことができますか?最新エピソードの1106では、ギア5の展開後、太鼓の音が鳴り響き、古代ロボットとクマが眠りから覚めます。

ニカはこれらの古代の機械とどのような関係があるのでしょうか?ニカはクマとどのように関係していますか?一緒に分析を掘り下げてみましょう!

続きを読む: ワンピース 1106話 Raw

ワンピース1107話ネタバレ予想

ニカは古代のロボットとどのような関係がありますか?

ワンピース1107話ネタバレ予想: ニカは古代のロボットとどのような関係がありますか?

解放のドラムの音色がトリガー?

第1106話では、ニカの解放の太鼓「ドン・ドット・ドット」のリズムに古代のロボットが反応しているように見えました…

ロボットの目は光り、200年ぶりに目覚めた気配を見せていた。でもルフィのギア5にも反応しているようだったので、解放の太鼓も鳴っていたのかもしれません。もしかしたら、ロボットが動き始めたのかもしれません。

しかし、もしそれが本当なら、古代のロボットは200年前にマリエジョワに初めて登場したとき、解放の太鼓を聞いたかもしれないが、今はニカしかそれを演奏できないということになる。それは不可能に思えます…

また、ゴロセイ達の話やズニシャの言葉から、ニカの能力を持つ者は、その能力の最後の使い手であるジョイボーイ以降、現れていないようだ。だから、結局のところ、解放の太鼓は引き金ではないのかもしれない。そんな感じがします。

さらに、古代のロボットはエネルギーが切れているように見えたので、充電しない限り動かないはずです…

しかし、それは本当に解放の太鼓に反応しているようです。太鼓の音そのものが、古代のロボットのエネルギーなのかもしれない…。

個人的には、古代のロボットのエネルギーにはある種の力があると思うし、ニカの解放の太鼓もそれに代わるような力を持っているのかもしれない…

解放の太鼓には太陽エネルギーが含まれていますか?

この話題については以前にもお話ししましたが…

解放の太鼓には、太陽が発する波動に似たエネルギーが宿っていると私は信じています。

それは熱や光のエネルギーだけでなく、太陽が放出する未知のエネルギーの形です。

海水と海王石は、悪魔の実の使い手の能力を弱めたり無効にしたりする「海のエネルギー」と呼ばれる不思議な力を持っていますが、その正確な性質は不明のままです。説明されてない…

太陽の光は、海にあるエネルギーに似た未知の力を持っているのではないかと推測しています。

ジニーとボニーは、自然光にさらされると肌が宝石のように硬くなる、青翡翠の鱗と呼ばれる状態を発症しました。聖土星の薬物実験によるものとされていますが、そのメカニズムは解明されていません…太陽の光に内在する未知のエネルギーへの反応ではないかと考えています。

空白の100年の先進文明は、この神秘的なエネルギーを発見し、それによって繁栄したのでしょうか?

さらに、これはベガパンクが古代のロボットやおそらく古代の武器に動力を供給するマザーフレイムに必要な核融合炉を作るために利用したのと同じエネルギーなのでしょうか?

また、ニカの解放の太鼓から発せられる波動は、同じエネルギーを持っているのだろうか。

というのが私の持論です!

ベガパンクの夢のエネルギー?

ベガパンクは、人類にフリーエネルギーを提供し、エネルギー不足から生じる紛争を根絶することを目指しています…

38年前にゴッドバレー島で行われた先住民拭き取り大会は、島の豊富な資源を搾取したいという願望に突き動かされた可能性が高く、天龍の人々もエネルギー源を求めている可能性を示唆しています。

現実の世界では、エネルギー問題を解決することで、地球の状況を大きく改善できる可能性があります。

ベガパンクは、未発見のエネルギーの形をたゆまぬ努力で探求してきたようだ。現在、マザーフレイムに必要な核融合炉に焦点が当てられていますが、ベガパンクの歴史的調査は、古代文明が同様のエネルギーを利用し、繁栄につながったことを示唆しています。

このエネルギーを平和的な目的のために利用したいという願望がありますが、権力者はそれを支配や武器の手段と見なすかもしれません…

そのようなエネルギーを持つことは、その人のコントロールを増幅させ、100年のギャップをイデオロギーだけでなく、エネルギーの対立にもする可能性がある。

しかし、努力にもかかわらず、イム氏や仲間のような人物は、このエネルギーを確保していません…

振り返ってみると、ベガパンクを排除しようとする試みは、彼のエネルギー追求の潜在的な利益を考えると、近視眼的に思える…

ニカとクマはどのようにつながっていますか?

ワンピース1107話ネタバレ予想: ニカとクマはどのようにつながっていますか?

球磨の現状はどうですか?

クマは聖サターンの命令で自爆スイッチを作動させなかった。それどころか、ベガパンクは聖土星の知らないうちに、彼を完全な停止スイッチに入れていた。聖サターンが革命軍にクマを誘拐された数日後、自爆スイッチと思われるものを作動させたとき、彼は知らず知らずのうちにこの完全な停止装置を作動させました。

この反応は、釜磨が釜場王国で修繕を受けていたときに起こったと思われますが、そこでは地元の人々でさえ龍に従うように命じていました。

その後、クマはボニーに危険を察知したのか、マリージョワに向かって飛んだ。しかし、スイッチが作動すると植物状態になり、ボニーを救出した後に動きを止めた。それにもかかわらず、彼はまだ彼女を抱きしめる強さを示しました。

第1106話では、クマはボニーとルフィに反応しているようで、科学的な植物状態にもかかわらず、ある程度の意識を示しています。科学を超越した奇跡がこれまでにも目撃されていることを考えると、奇跡的な回復の可能性への期待が高まります。

もしかしたら、ニカの影響力がさらなる奇跡的な展開につながるかもしれない。

私の考えでは、神の介入は科学的な限界を超え、一見不可能に見える状況でも希望の余地を残すことができます。

太陽神に帰せられる奇跡は何ですか?

ゴロセイは、ニカの能力が目覚めることで、彼女のゴムの体がより強く、より自由になると言いました。

ルフィは、この描写を体現する戦闘スタイルを示していますが、「自由」の概念はやや曖昧なままです。

ルフィは、敵も傍観者もコメディ漫画を彷彿とさせるゴムのような形に変身させ、周囲を伸ばして操作する能力があり、彼の並外れた影響力を示しています。彼の能力の程度は不明のままですが、隈の機械化された体に影響を与える可能性があることを示唆しています。

以前、クマが完全なストップスイッチを克服する能力について、バッカニア族のユニークな特性に起因しているかもしれないことを説明しました。しかし、彼の体の大部分は未だに機械化されており、「科学の呪い」の残骸が残っている。スイッチが外されたとしても、球磨は元の状態に完全に戻らない可能性があり、回復の第2段階の可能性を示唆しています。

ベガパンクは、クマの体にさらなる改造を加えることで、完全な停止機構を取り除くことができるようです。同様に、ニカの「自由」は、その解決策を提供する可能性がある。

クマは精神的には天龍への隷属から解放されているが、彼の肉体はサターン・セイントの科学的改変の影響下にある。

ルフィの剣文食ハキは、クマの体内にある科学的な「呪い」の本質を知覚し、それから解放され、クマを窮地から解放することができるのでしょうか?

ルフィの恩人としてのクマの役割を考えると、ルフィが彼を救うために駆り立てる義務感や目的があることは間違いありません。

さらに、クマがルフィをニカとして認識した場合、彼が対決や同盟を拒否する理由はないでしょう。

古代のロボットとのつながりはどうですか?

以前の議論では、クマと古代のロボットが合体するのではないかと推測していましたが、今は、クマがニカやベガパンクの介入ではなく、独立してこの合体を開始できる可能性があると考えています。

古代ロボットの起源が高度な文明であることを考えると、自我と感情の感覚を持っていた可能性があります。そうでなければ、現在クマの体を動かしているメカニズムが古代のロボットに移る可能性がある。

今、隈を生き生きとさせているのは、記憶や痛みといった無形の要素を物質化・解放できる物質である魂のようなものではないかと私は推測しています。能美の能力が働いているのなら、隈は自分の魂を追い出すことさえできるのだろうか?

そうなれば半世紀近く住み続けたクマの肉体は滅びてしまうが、その魂を古代ロボットに移すことで、ニカと共に戦い続け、ボニーを守ることができる。

私は以前から、クマと古代のロボットの間にはつながりを感じており、彼らの感情が一致している可能性を示唆していました。

クマの体にはバッカニア族の未知の特徴が宿っているという「可能性」はあるが、それは一時的なもののようだ。サカズキの傷は癒えたが、力が衰えているように感じる。

理想を言えばクマは自分の姿で蘇るが、古代ロボットがパシフィスタやセラパムをも凌駕する強大な力を持っているのなら、クマはそれを重要な戦いに採用するのが賢明だろう。

以上で、ニカと古代ロボットの関係、ニカとクマの関係についての分析を終わりました。