呪術廻戦 246 Raw – 漫画raw.net – Jujutsu Kaisen 246話

「呪術廻戦 246話 Raw」は、柔術技術専門学校とスクナの対決における激しい衝突と戦略的な駆け引きを深く掘り下げた魅力的なエピソードを明らかにします。

物語が進むにつれて、複雑な同盟、新たな才能、そして迫り来る処刑人の剣の脅威が、展開する出来事に魅力的な影を落とします。このエピソードは、キャラクターの長所と弱さを魅力的に探求することを約束し、手ごわい敵との容赦ない戦いの中で、予想外のひねりと対決への道を開きます。

緊張が高まり、謎が解き明かされる中、このエピソードの生々しい本質は、その複雑な構築と、非人間的な悪魔の法廷の進路を再定義する重要な対立の迫り来る期待にあります。

前回の245話を見返したい方はこちら:呪術廻戦 245話

漫画 呪術廻戦 246 Raw

日下部の守備陣:シンプルエリアでニクシャを守る

スクナの恐るべき腕前を前にして「没収」の判決を受けながらも毅然とした態度を崩さなかった日下部篤也は、戦闘経験の乏しいニクシャを守るために自らを奮い立たせた。日下部は、藩の拡張を防ぐために考案された防御戦術である「単純藩」を採用し、スクナの斬撃に対抗するために使用しました。

日下部は防御に徹し、スクナの「界」と「ハク」の斬撃に対抗し、これらの攻撃に反応を限定する慎重な姿勢を貫いた。彼の決断は、スクナの未使用のフレイムスラッシュの発動を省略したもので、彼の生存に不可欠な選択であった。

そんな中、命をかけてでもニクシャを守ろうとする日下部の決意は、驚くべき決意を物語っていた。

スクナのスピードと柔術専門学校との出会い

呪術廻戦エピソード246からの速報では、ヤンサンの血液操作の速度とスクナの反応に関する比較が浮上しています。このシーンは、膨らみとそれに続くスクナの存在への血の流入を描いていました。

スクナが五条悟と遭遇し、血を流したことを思い起こさせる物語は、スクナがそのような攻撃に対抗する能力を示唆しています。柔術専門学校側にスピード勝負を挑んだようで、素早いフットワークで血穿刺をかわし、フットトレースを始めた。

仮面の魔術師とスクナとの出会いのお披露目 – 漫画raw.net

同じエピソードでは、仮面をかぶった謎の人物が、七海健人の技を彷彿とさせるマチェーテのような物体をスクナに投げつけました。使い手はナナミの後輩である猪琢磨のようで、ナナミのテクニックの魔法版を受け継ぎ、顕現させました。その力にも関わらず、スクナは諦めず、比類なき腕前を披露した。

柔術専門学校はスクナを波状攻撃しようとしたが、その素早さゆえに失敗し、死刑執行人の刀を持った日車弘美との一対一の対決を避けるために撤退する可能性を示唆した。

死刑執行人の剣と決断の重み – 漫画 raw

第246話の重要な側面は、死刑執行人の刀をめぐる呪術専門学校側での議論である。有罪とされた者だけが、剣に打たれて死ぬ可能性があることが確立されています。大学が全面戦争に突入し、比較的新参者であるニチグルマに単独でスクナに立ち向かうことを任せたことは、事態の深刻さを浮き彫りにしている。

ニチシャの成長と迫り来る衝突

柔術専門学校内で醸成される対立は、日社の急速な成長と、古城久仁とともにスクナに立ち向かう意欲に焦点が当てられ、彼らの和解した同盟を示唆しています。スクナのテクニックを無力化するニチシャの並外れた能力は、スクナ自身も興味をそそる異常な才能を示しています。

最後の対決と憶測

物語が進むにつれ、魔術師として目覚めてから2ヶ月後の日社は、伏黒めぐみの魂を守ることを目的としており、伏黒のために犠牲になるという揺るぎない決意を示しています。間近に迫ったスクナとの対決は、スクナがニチシャの腕前と処刑人の剣に魅了され、極めて重要な瞬間として展開されます。

これらの衝突の中で、非人間的な悪魔の法廷の必然的な結論が迫り、スクナの運命についての憶測が宙に浮いています。

概要 – 漫画raw 呪術廻戦246話

「呪術廻戦」の第246話は、差し迫った清算の舞台となる激しい紛争と戦略的作戦のタペストリーを提示します。柔術専門学校で結ばれた複雑な同盟関係は、スクナの圧倒的な力に立ち向かう仲間意識と犠牲の深さを浮き彫りにします。このエピソードは、特に圧倒的なオッズから守ろうとするニクシャと日下部の揺るぎない決意の目覚ましい進化において、キャラクターの成長を見事に示しています。

迫り来る処刑人の剣の存在は、展開する出来事に不吉な重みを加え、展開する可能性のある悲惨な結果と犠牲を暗示しています。物語の複雑さは、差し迫った危険と、伏黒めぐみの魂を救うという登場人物の揺るぎない決意との微妙なバランスにあります。

さらに、謎めいた新勢力の到来は、息を呑むような技術の披露と相まって、スクナの脆弱性とエスカレートする紛争を取り巻く陰謀を強めます。

インヒューマン・デーモン・トリビューナルの物語の糸が収束に近づくにつれ、スクナの運命と未来を形作る重要な選択に関する憶測が高まっています。このエピソードは、食欲をそそるクリフハンガーで最高潮に達し、観客を席の端に置き、差し迫った衝突の解決と最愛のキャラクターの運命を切望します。

要するに、この「呪術廻戦」のエピソードは、サスペンス、キャラクターの成長、エスカレートする利害関係を絡み合わせる能力に優れており、観客を魅了し続け、この魅惑的な物語のクライマックスの結末を熱心に期待させています。

漫画play 呪術廻戦 raw 246, 漫画raw.net 呪術廻戦 246raw, 無料漫画 呪術廻戦 246raw, 漫画raw 呪術廻戦246話 raw, 漫画 raw, 漫画bank 呪術廻戦raw246, 漫raw 呪術廻戦 246raw manga 漫画raw.net, 呪術廻戦 246raw, 漫画ロウ 呪術廻戦 246話 raw, 呪術廻戦246raw manga, 漫画 呪術廻戦246raw